2014年8月31日日曜日

C87で頒布予定作品―「モノクロ女のカルマ」について

Twitterのほうでは結構前に告知したのですが、


C87への登録申請作業が終わりました。今回は「絵本サークル」として、1日目の「歴史・創作(文芸・小説)」(ジャンルコード615)にて申請しました。


サークルカットでも大きくアピールをしたとおり、今回は明確に「絵本」となります。1年ほど前に頒布した「僕が愛した"アラン・スミシー"」の流れを踏襲する形ですが、前回の、「イラストに一連のストーリーをつける」という形から、更に明確に「絵本である」という位置づけに特化した感じになりそうです。

ちなみに今全体構想が固まった段階にありますが、構想通り運べば、本文20pのフルカラーになりそうです。サイズについては、現在価格との兼ね合いを見て調整中ですが、できれば正方形型の変形サイズにしたいと思っています。理由は下で述べます。


絵本ということですが、ただの絵本ではつまらない、ということで、今回は構想段階から、「歌詞」によって進行するストーリー展開を特徴としてあげる予定です。

大分昔に、イベントにミュージカルをはさむ「マール王国の人形姫」というゲームタイトルがありましたが、それのイメージから、更に歌部分に特化させたような形になります。「歌詞」の内容については、私好みの、もう少しキャラクターの内面性に注力したものになる予定です。
ただ、私のスキル事情により、「歌詞」という体はとりますが、実際に音源等の準備はありません。そのあたりは、雰囲気作りの一環として理解してもらえたらなあと思っています。

ただ、体裁について、「歌詞カード」をイメージしたものにしたいと思っています。CDとかに入ってるアレです。金額との折り合いが付けば、正方形の変型サイズとしたいと思っていますが、そのあたりは今業者に見積を依頼しているので、それの結果如何です。


何にせよ、完成した段階でどうなるか、事前に予測することはきっと難しいだろう(作者のひとりである私にも)と思える試みなので、ぜひぜひコミケ頒布の際には、お立ち寄りをいただけたらと思っております(まあまだコミケに受かるかどうかもわからないわけですが!)。

コミケに落ちたら、どこか似たような時期の別イベントに申し込もうかと思っておりますので、その際はまたこのBlogで告知したいと思っております。


ちなみに、作成について、興味をもってもらうために少し情報を出すと、

現在、キャラデザがほぼ確定したところです。

基本的にここで挙げた二人が登場人物となっていきます。

前回の「アラン・スミシー」では、主人公は少年・少女でしたが、今回は少し主人公の年齢が上になります。

またおいおい紹介ページについても(作画にヒマがあったら)作成しようと思っています。ただ、今の段階では、コミケまで基本的にキツキツになりそうで怖いですが…。

上でも描きましたが、現在構想とプロットが大体固まった段階にあるので、これから実際の作業に入っていこうと思います。

今回のテーマについても、もしかしたらまたここで情報を出すこともあるかもしれませんが、私がここ数年生きてきて感じた/考えたことが色濃く反映された内容になっていく想定です。

それでは、もしコミケに無事受かり、かつ原稿が全て無事完了したら、イベントで会えることを楽しみにしながら、今日の記事はここで締めくくろうかと思います。


これからもillust_fumyuuをよろしくお願いいたします。